BLOG 日々是プレゼン

お金の事。

2019/08/27

IMG_6707

私の青春時代は、バブル真っ只中でした。
お多分に漏れず、私もバブルの恩恵を存分に受け、分不相応なギャラを貰っていて、株に手を出したり、今、振り返れば、穴があったら入りたい。。。。という位の、若気の至り。

 

大いに勘違いした金銭感覚で、親の脛も時々、齧りつつ、自分中心に世界が回っているとさえ思っていた程、能天気に、お金を使って、生きていました。

 

 
先日、4大銀行事件を再検証した、この本を読み、
IMG_6708

 

 
為替相場や株のムーブメントは、いつの時代にもあるとは思いますが、やはり、当時の日本は、完全に、狂乱の時代で

あった事は確かです。

 

 

 

 

最近、父の具合が思わしく無く、「死」という事についても、ついつい考える事が多くなりました。
人は、締め切りや約束事があるから、仕事がはかどるように、「生」のパフォーマンスを上げるために、「死」や

「限られた時間」という概念を、考察してみる必要があります。

 

 
生放送の通販業界は、1分間で、幾ら売るのか。。。。で、換算する事が多いので、違和感はあまり無いのですが、

 

 
時間をお金に変えてみる。。。。。と、
IMG_6709

 

1万円持っていて、2千円使ってしまい、手元に8千円残っている。
その時の100円の価値と、

 

9600円使ってしまった時、残り400円しか残っていない時の、100円の価値は、大きく大きく違います。
IMG_6710

 

我々は、「死」「最後」を身近に感じる事によって、「生」の希少性や価値観を、十分に、実感しなくてはなりません。

 

9600円使ってしまってからでは、お金の価値に気がついても、時すでに遅しなのです。

 

 
時間はお金と違って、決して、増やす事が出来ないのですから。。。。

 

 
何が言いたいのかと言うと、1歳でも若い内から、100円の価値に、きちんと気がつくべき。
残念ながら生きていれば、残されたお金は、毎年、毎年減っていきます。
人生の最後に、「1万円を本当に後悔なく使えた。。。。」という人生にしたいものです。

 

 
齢を重ねた今になり、「お金の使い方」って、その人自身の知恵や知性や品性が問われると、つくづく思うこの頃です。
人生100年時代と叫ばれています。
「お金は、大切に使わないと。。。。。。。。いけません」