1. トップページ
  2. BLOG 日々是プレゼン
  3. 目下、スーパー断捨離中です。

BLOG 日々是プレゼン

目下、スーパー断捨離中です。

2018/05/31

S__44998659

6年間住んでいた今の家を、来月半ばに引っ越す事になり、目下、スーパー断捨離中です。
夫は60代半ば、私も50代の半ばになり、そろそろ、この先の人生を見つめ直して、緩めの終活も視野に入れて、

まずは、スーパー断捨離をスタート中。
人生のダウンサイジングを始めようかと。

 

 
靴や洋服、家の中の不用品を廃棄していて、懐かしいアルバムなどを整理していたら、昭和61年のレコード大賞の台本が出てきたのです。。。。
S__44998661

 

 
私は、在学中に、日本初のフリーアナウンサーへ転向した、元N H Kアナウンサーの高橋圭三さんの事務所に、所属を

していました。
当時、22歳で、事務所に入りたての新人だったので、初年度は、着物を着て、プレゼンテーターを命じられました。
若いだけが取り柄で、プロ意識のかけらもなく、軽いアルバイト感覚の延長で、仕事をしていました。
レコード大賞の仕事を終えて、日本青年館を出たら、除夜の鐘が聞こえる。。。。という、数年が続きました。

 

 
勿論、当時の映像は残っていませんが、中のページを捲ると、原稿は手書きで、演出や、会場の空気感や出演者に、昭和レトロを感じます。
S__44998663

 

 
昨年度のレコード大賞は、中森明菜さんでした。。。。とか、書いてあります。笑
懐かしい思い出です。

 

 

 

その当時、IBMのファミリーパーティーの司会のアシスタントなどもやらせて頂いており、
S__44998665

 

その時の台本も、残っていて。

S__44998667

 

石川さゆりさんがゲストと書いてあり、勿論、手書きです。笑

 

 
そして、急に、手に汗だった「大大大事件」を思い出しました!!

 

 
このIBMのファミリーパーティーの司会者は、毎回、徳光和夫アナで、ゲストも、毎回、一流の方ばかりで、豪華

でした。

 

当時、徳光さんは、まだ日本テレビのアナウンサーでいらして、業界用語で、「ショクナイ」をなさっていた時代。

 

何故か、運営事務所の社長さんに可愛がって頂いていて、圭三プロのタレントという事もあり、徳光さんとペアで仕事をやらせて頂くという、大変、光栄な機会に恵まれていた私。

 

 
ある日のパーティー当日に、会場入りしたら、徳光さんの収録が押していて、とある時間まで、アシスタントの私が、

徳光さんに代わってパーティーの司会を担当。。。。。という事になってしまい。。。。。。。汗、汗、汗。

S__44998669

 

 
その時の台本には、私の手書きで、
「さて、皆様、大変、長らくお待たせ致しました。只今、徳光和夫アナウンサーがお着きになりましたので、早速、登場して頂きましょう。。。。
徳光さん、どうぞーーーー」

 

 
と、焦った字で、台本に、書きなぐってあります。

S__44998671

 

こんなコメントくらい、暗記して言えなかった程、当時の私には、力量が無く、あの日、着ていた青いドレスは、汗で

色が変色してしまうくらいだったのを、強烈に、痛い程に、思い出しました。

 

 

 

断捨離していると、色んな思い出が巡り、手が進まない事があります。
こうして、32年前の懐かしい思い出に触れる事が出来て、心が温かくなりました。
何でも断捨離して捨ててしまうのも、寂しいな。。。と感じていて。

 

 
あまりに懐かしいので、このIBMの台本と、私にとっては第1回目のレコード大賞の台本は、断捨離せずに、大切に保管しておこうと思いました。